アフィリエイト(アフィリエイター)

アフィリエイト(アフィリエイター)の副業の概要

自分が運営するブログやホームページなどに企業の広告バナーを貼って、そのバナー経由で売り上げが上がった場合に報酬を受け取ることができる。1件10円から数万円など金額は商品やサービスによってバラバラだが、売り上げが上がるジャンルで集客ができると爆発的に儲けることができるのも魅力のひとつだ。

一昔前はリンクさえ貼れば順位が上がって儲かるとか、最近では記事さえ書けば儲かると言われていたが、度重なるGoogleのアップデートで退場したアフィリエイターも後を絶たない。一説には時給45円しか儲からない(某雑誌の記事が元)とも言われている。

そのためここ最近ではSNSアフィリエイトをはじめ、リスティング広告やディスプレイ広告、フェイスブック広告などを運用して売り上げを上げている人も増えてきている。

とはいえ広告を出しからと言って簡単に売れるわけではなく、個人が副業でアフィリエイトでお金を稼ぐのは非常に困難になってきているのが現状だ。

どのくらい儲かる?

前述のように最近では時給45円と言われるほど飽和状態になりつつあり、素人が手を出してもなかなか儲かるところもまではいかない。儲かっていない人のほうが圧倒的に多く、実働分を取り戻すためには日夜作業に励まなくてはならない。

しかしその反面、空前絶後の作業量と超絶怒涛の強運を引っ提げて、あっという間に月数百万円、いや夢の8桁(つまり1,000万円以上)を突破し、アフィリエイトを始めて1年も経たずに億単位の売り上げを上げる強者も存在する世界。

どれぐらい儲かるかというのはその人の能力やセンスにもよるが、副業として毎月数万円程度なら、誰にでもチャンスはあるだろう。

もちろんアフィリエイトでまず起業してから、上場している企業も存在するので狭き門ではあるが可能性としては無限大だ。

この副業を始めるための資格など

全くない。パソコンとインターネット環境さえあれば誰でも始められる。その気になればスマホひとつでもできなくはない。

参考商材

調査中

参考サイト

調査中

おすすめの書籍

調査中

その他

ここで注意しておきたいのは、そもそもアフィリエイトとは成果報酬型広告のことであり、特定の業種や職種のことを指すわけではない。アフィリエイト広告で収入を得る人のことを一般的にはアフィリエイターと呼ぶことも多いが、大手企業が運営しているメディアやユーチューバーなども成果報酬型広告を取り入れているところも多く、厳密に言えばこういったものもすべてがアフィリエイト広告である。

タイトルとURLをコピーしました