ユーチューバー(YouTuber)

ユーチューバー(YouTuber)の副業の概要

説明の必要はないかもしれないが、自分で動画を撮ってYouTubeにアップして再生回数を増やして広告収益を得るのがユーチューバーの仕事だ。

ウィキペディアによると、

YouTuber(ユーチューバー)とは、動画共有サイトYouTube上で自主制作の動画作品を継続的に公開しつつ、YouTube社が定める提携プログラムに従い、公開動画に付帯された広告収益による配当を得ている個人および組織。YouTubeのチャンネルをメインに活動している個人または組織を指すことが多く、複数のSNS、プラットフォームで活動する個人は、インフルエンサーやビデオブロガーと呼ばれる。現在では正式な職業としても認知されている。
ウィキペディアより

と、定義されている。

トップクラスは年収で軽く億を超えるという非常に夢のある仕事だが、最近は芸能人がユーチューバーとしてデビューしてきているため、一般人がユーチューバーとして成功するハードルがどんどん上がってきている。

どのくらい儲かる?

ユーチューバーの収益源は主に再生回数に応じて収益が決まってくるが、動画のジャンルによっても広告の種類が異なるため、必ずしも再生回数が多いからといって収益が大きいとも限らない。

日本国内でのユーチューバーでトップクラスだと年間数億円は軽く稼いでいると言われている。だいたいの目安としてよく言われるのは、チャンネル登録者数の10倍ぐらいが毎月の収入だそうだ。

つまり、チャンネル登録者数が5万人になれば、月収50万円といったところだ。但し、この場合の計算では毎日、またはそれに近い頻度で新しく動画を追加した場合の計算となる。

他の計算方法としては、動画再生回数1回につき0.1円~0.3円程度。例えば合計の動画再生回数が1000万回であれば、総収益は100万円~300万円程度ということだ。

もちろんこれは投稿しているジャンルによっても異なってくるが、ビジネス系のユーチューバーや投資、ファイナンス系のユーチューバーなどお金に絡むジャンルは比較的単価は高くなりやすい。

他にも固定費をもらってのタイアップなども多いので一概には言えないが、当たればいくらでも稼げるのがユーチューバーである。

もちろんほとんどの人は途中で挫折してしまい、人気Uチューバーになるのは簡単ではない。

この副業を始めるための資格など

特別な資格はないが、何か自分に特技があるほうがベターだ。

全く何もない人は、〇〇やってみた系動画とか体当たり企画をやるしかないが、特技があればそのジャンルに絞って運営できるため、タイアップ案件などのオファーが入りやすいのが特徴だ。

例えば、ゴルフが得意な人はゴルフ系チャンネル、不動産の知識がある人は不動産系のチャンネルなど専門性のあるチャンネルのほうが飽きられずにファンがつきやすいし、少ないチャンネル登録者数でも収益化はしやすいだろう。

参考商材

調査中

参考サイト

調査中

おすすめの書籍

調査中

その他

関連リンク

YouTube公式サイト

タイトルとURLをコピーしました