Webライター

Webライターの副業の概要

インターネットの様々なメディア向けに記事を書く仕事。発注元は大手企業はもちろん、個人事業主のアフィリエイターまで多岐にわたる。

一時期は記事を書けば書くほどメディアへの検索流入が増えたことがあったため、ほとんど経験のない人でも簡単にWebライターの仕事ができていた。

しかし今はGoogleのアルゴリズムも大きく変化しており、ユーザーの検索意図をきっちりと理解して言語化できるライターが求められている。

もちろんクラウドソーシングなどでは安いタスク記事の依頼は今でもあるが、せいぜいお小遣い程度にしかならない。

ライティングスキルを高めて単価の高い仕事をもらえるように努力する方が長期的には良い選択だろう。

どのくらい儲かる?

クラウドソーシングなどの安いタスク記事だと1文字0.1円とか0.2円程度だが、SEOにも強いきっちりとした記事が書けるようになれば、1文字2円や3円程度にはなる。

但し、自身で企画を行なったり、インタビューをしたりなど企画料も含めれば1記事で数十万円以上というライターも存在する。

この副業を始めるための資格など

特別な資格は必要はないが、特技や専門分野を持っていることで文字単価を上げることは可能だ。

特に需要が高いのは健康系や金融系などの資格だ。

例えば「保険」について何か記事を書くのであれば、普通の人が書くよりもファイナンシャルプランナーの資格を持っている人が書く方が、はるかに信頼性がアップする。

副業のWebライターをするために資格を取得するのも悪くはないが、本業の資格や特技を生かして、空き時間に副業でWebライティングの仕事をするほうが取り組みやすくておすすめだ。

参考商材

調査中

参考サイト

調査中

おすすめの書籍

調査中

その他

 

タイトルとURLをコピーしました