カメラマン(フォトグラファー)

カメラマン(フォトグラファー)の副業の概要

カメラマンと言えば一昔前はプロの元で修業したり、写真スタジオなんかで働いたりして、技術を磨いたりしてから独立という流れが多かったようだが、カメラの性能の格段に上がったことや画像処理ソフトが比較的誰でも簡単に(もちろんある程度の知識は必要だが)行なえるようになったこともあって、参入障壁は低くなった。

しかしその反面、カメラマンになりたい人がめちゃくちゃ増えたため、その中から自分で仕事を取っていくのは簡単ではない。

本業でもカメラの仕事や写真スタジオなどで働いている人が副業でやるのは最適な副業だと思うが、知識経験ゼロから始める場合はそう簡単ではない。

個人で始めるなら、とにかく専門性を持つこと。例えば結婚式だけに特化したり、スポーツ写真だけに特化したりするのが良い。さらに余裕があればできるだけ最高の機材を揃えることだ。

あとはセンスだ。最高の機材と少しのセンスがあれば、新人カメラマンでも仕事が取れる時代だ。とにかく差別化をすることが成功への第一歩だ。

どのくらい儲かる?

 

この副業を始めるための資格など

 

参考商材

調査中

参考サイト

調査中

おすすめの書籍

調査中

その他

 

タイトルとURLをコピーしました