不動産写真撮影

不動産写真撮影の副業の概要

カメラマン(フォトグラファー)という仕事があるが、たいていの場合自分の専門分野というものがある。

スポーツを専門に撮るカメラマンや商品撮影を得意とするカメラマン、結婚式などを撮影するカメラマンなどなど。その中でも不動産物件を主に撮影するのが不動産写真撮影だ。

賃貸から新築の戸建てやマンションなどがメインだが、賃貸の場合は本格的なカメラマンに依頼することは少ない。大家さんや不動産会社がスマホやコンデジでパッパッと撮影して終了ということも多いが、賃貸とは言え写真だけでかなり印象が変わる。

実際写真を入れ替えただけで問い合わせが急に増えたという事例もたくさんある。分譲住宅などの場合は高度な知識と経験のあるカメラマンじゃないとなかなか仕事は回ってこないかもしれないが、賃貸物件を中心に大家さんに営業をすればまとまった仕事をもらえる可能性もある。

どのくらい儲かる?

調査中

この副業を始めるための資格など

調査中

参考商材

調査中

参考サイト

調査中

おすすめの書籍

調査中

その他

 

タイトルとURLをコピーしました