テープ起こし/文字起こし

テープ起こし/文字起こしの副業の概要

昔は録音する時はカセットテープが基本だったが、デジタルの今の時代はテープ起こしという言葉はピンと来ない人も多いだろう。

以前はインタビューや会議などの音声を録音したものを文字に書き起こすことをテープ起こしと呼んでいたが、今はそのテープがないので単純に文字起こしというのが一般的かもしれない。

ただ最近はユーチューブなどの動画を見ても分かると思うが、AIが動画内の音声を認識して自動的にリアルタイムで字幕をつけられるようになってきている。

もちろんまだまだ完璧ではないし、白熱した会議や会見を正確に文字にするにはまだまだ人間の手が必要だ。いずれはAIに完全に取って代わられてしまう可能性はかなり高いが、当面はこの仕事はなくならないだろう。

どのくらい儲かる?

単価としては1分100円~300円前後が相場だ。60分のインタビューを文字起こしすれば、6,000円~18,000円ぐらいとなる。

また内容によっては非常にスピードが必要なものもあり、そういった場合は多少高めの設定をしているところが多い。

どうやって始めればいい?

大きく分けて方法としては2つ。本格的にやりたいのであれば、自分でホームページを作って集客を行なう。料金の設定なんかもすべて自分でやらないといけないため、かなり大変だがその分収入は大きくなる。

もう一つは、クラウドソーシングやスキルマーケットなどに登録することだ。文字起こしの仕事はそれほど多くはないが、仕事自体はあるので、一度登録して探してみるといいだろう。

クラウドソーシングはどちらかと言えば企業などの下請けのイメージ、スキルマーケットのほうは自分の特技を売るというイメージ。どちらも同じように見えるが、前者は発注者が価格を決めることが多く、後者は自分で価格を決めて集客するという感じだ。

主なサイトは以下の通りだ。

クラウドソーシング

【オススメ】クラウディア
ランサーズ
クラウドワークス

スキルマーケット

【オススメ】ココナラ

この副業を始めるための資格など

特にないが、正確でスピーディーなタイピングスキルは必要だ。

参考商材

調査中

おすすめの書籍

調査中

タイトルとURLをコピーしました