ナレーション

ナレーション

ナレーションの副業の概要

一般の人もYouTubeなどを始めとした動画投稿をするようになり、声優と同様にナレーションの仕事も非常に増えている。

従来はナレーションの仕事と言えば、テレビやラジオなどの大手メディアを中心とした仕事のイメージが強かったが、今では個人のユーチューバーが外注で声優やナレーションを必要としている時代になっている。

もちろんネット広告も従来のようなバナー広告だけでなく、動画広告も非常に増えてきており、動画広告作成用のナレーターも必要とされている。

特に動画広告は同じ商品でも様々な種類の広告を作成したり、どんどん新しい商品も出てくるため、クライアントに気に入ってもらえれば、安定して仕事をもらえる可能性もある。

また、元々いい声だったり、活舌が良く聞きやすい声の持ち主であれば、経験値がなくても仕事が舞い込む可能性もゼロではない。

動画広告が急激に増え始めたのはここ最近で、どこもまだまだ手探り状態が続ている。効果測定も兼ねて予算を絞ってたくさん作りたいという企業も多く、安く仕事を受ければ経験値が少なくても仕事は取れる可能性はある。いずれにせよ、まず地道に実績を作っていくことが大切だ。

どのくらい儲かる?

調査中

その他

 

タイトルとURLをコピーしました